術後も安心

  • 脂肪吸収はあくまでも手術ですので、痛みや出血といった不安はもちろんのこと、ダウンタイムと呼ばれる術後の腫れの症状なども気になるところです。
  •  
  • 脂肪吸引の手術法によっては、ダウンタイムが比較的長くなってしまうものもありますので、そういった不安を考えると、手法選びにも慎重になります。 数ある脂肪吸引の手法の中でも、まだ日本で採用しているクリニックが数少ない手法が、ウルトラゼットと呼ばれる手法です。
  •  
  • ウルトラゼットの脂肪吸引法では、超音波のエネルギーを利用します。 超音波を当てることによって脂肪を溶かして液体にします。液体になった脂肪は吸引し易いことから、体への負担も少なくなります。また、それにより、吸引の時間も比較的短くなります。
  •  
  • ウルトラゼットでは、痛みや腫れといったダウンタイムも少ないとされていますし、脂肪の取り残しが原因で起こってしまう術後の皮膚のデコボコの症状についても対応することができます。
  •  
  • 脂肪吸引の失敗とされるケースの発生率を、ウルトラゼットなら限りなく低くできるというメリットがあります。 ただ、ウルトラゼットを採用している美容整形クリニックは少なく、しっかりと確認しないと、ウルトラゼットでの手術を受けられるクリニックは選べません。
  •  
  • ただ、名前は違えど、超音波を利用して脂肪を溶かす原理を持った手法を採用しているクリニックもありますので、カウンセリングの際に、手術の手法について、しっかりと確認するようにしましょう。